odex2月号を発行&配信しました。

2月号のピックアップはポルトガルのアルバリーニョ。次世代の世界品種はポルトガル。ミーニョ地方由来の白ぶどう品種アルバリーニョは、とてもきれいな酸と満ちあふれた果実味が特徴です。2019年6月には赤ぶどう品種トゥリガ・ナシオナウとともに、AOCボルドーとボルドー・シュペリウールで導入が認められました。今の生産者たちは、気候変動によってワインのアルコール度数がどんどん高くなり、酸味が弱くなっていく問題に直面しています。アルコリックではなくきれいな酸の品種を求めて注目されているのがポルトガルのアルバリーニョとトゥリガ・ナシオナウ。あわせて新入荷しましたDão(ダン)地方を代表するアルバロ・カストロ(キンタ・ダ・ペラーダ)の赤もご紹介。こちらはトゥリガ・ナシオナウほか40種以上のフィールドブレンド。非常に酸もタンニンもバランスがよく、やさしい果実味を楽しむことのできる、まさにポルトガルトップレベルのワインです。

★odex資料のバックナンバーをPDFでご覧いただけます

★お取引先各位
現在odexはメールでDMを配信しています。中には新入荷アイテム、その月の特価のご案内、最新リストを掲載。万一、そうした内容のメールが最近届いていないという場合は、大変お手数ですがご連絡いただきますようお願いいたします:03-3445-6895/glasshouse@odexjapan.co.jp

カテゴリーnews